排水管が凍る?!原因と対処法 排水管が凍る?!原因と対処法

水道管凍結の事例と水道修理のポイント

寒いエリアでは水道管凍結による水道修理は日常茶飯事

婦人

北海道や東北、北陸地方など、寒いエリアに住んでいる場合、水道管が凍結してしまうことで水道修理業者を呼ぶことは多く見られます。では、実際に水道管が凍結して使えなくなった時、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

寒さによって水道管が凍結し水道修理を依頼した人の声

冬場の水道管トラブルはよく起こる(30代/男性/東北出身)

東北出身ですが、昔から冬場、水道管が凍結してしまってトラブルになることはよくありますよ。朝起きてから台所の水を出そうとすると水が流れない、なんてことがあります。なので、トラブルがあると顔見知りの水道修理業者に依頼しています。冬場の水道管トラブルは本当に面倒で困ることも多いですが、業者の人がいい人だと色んなことを教えてくれて助かります。

北国以外でも水道管が凍結します!(30代/女性/九州出身)

水道管の凍結って北海道とか東北だけのイメージかもしれないけど、実際は寒波が到来すると、暖かいイメージのある九州でも水道管が凍結するんですよ!そういう時って皆水道修理業者にすぐ連絡するんですが、なかなか捕まらない時とかがあります…。そんな時はどうしようもないので、ひたすら待つんですが…結局お昼くらいまで水が使えないこともありました。

凍結した水道管の水道修理~自分でもできる方法~

自然解凍を待つ
軽い凍結であれば気温上昇していくことで、自然と溶けてくるので問題ありません。室内の給水管が凍っていた場合は、室内を暖めることで解凍されていきます。ただ、なかなか気温が上がらないなどの状況によっては、解決するまで時間がかなりかかってしまいます。
ドライヤーの熱風を吹きかける
もしも水道管の近くにコンセントがある場合は、ドライヤーを用いて解決することも可能です。水道管にドライヤーの温熱を当てることで解凍することができます。ただし、こちらも自然解凍同様、時間がかかってしまいます。
お湯をかける
水道管にお湯をかけることで水道管内部までしっかりと氷を溶かすことができ、早期解決に繋がります。ただし、水道管に直接熱いお湯をかけてしまうと、温度差から水道管が破裂してしまう危険性があります。そのため、必ず水道管にタオルを当ててその上からお湯をかけるようにしましょう。

水道管凍結に関する素朴な疑問

気温がどれくらい下がったら水道管は凍結してしまうのでしょうか?
水道管は基本的に外気温がマイナス4度を超えてしまうと凍結してしまいます。雪が降っていると凍結してしまうかもと心配になるかもしれませんが、実は雪が降っている時は上空温度がマイナス6度以下になっているものの、地上の気温は3度以下なので、必ずしも凍結するわけではありません。むしろ雪が降っていない場合で雪が積もっている状態だと、地上の気温が下がってしまい、マイナス4度に達しやすいので気を付けましょう。
水道管が「凍結した場合、日常生活にどのような影響がありますか?
水道管が凍結してしまうと日常生活に様々な影響を及ぼしてしまいます。例えば水が使えなくなるので食事にも影響が出てきますし、食事後の食器洗いもできなくなります。また、風呂やトイレ、洗濯機なども使えなくなってしまうので、早めの対処が必要となるでしょう。早く水を使えるようにするためにも、水道修理のプロである業者に相談してみましょう。

TOPボタン